板橋区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 医師(板橋区)―

佐藤 美枝子 院長/みえこ女性クリニック(板橋区役所前駅・産科)の院長紹介ページ

佐藤 美枝子 院長

MIEKO SATO

女性のライフステージごとの変化に寄り添う「女性のためのパートナークリニック」

東京女子医科大学の4年生の時に長女を出産。産婦人科への入局を経て、東峯婦人クリニックに勤務し経験を積む。その後、板橋区役所前駅すぐそばに開業。

佐藤 美枝子 院長

佐藤 美枝子 院長

みえこ女性クリニック

板橋区/仲宿/板橋区役所前駅

  • ●産科
  • ●婦人科
  • ●内科

医師としての原点は、患者さんから慕われていた両親の姿。

佐藤 美枝子 院長

祖父母は産婦人科、父は整形外科、母は内科と、身内が医師ばかりだったので、自然と自分も医者になるものだと思っていました。ところが、姉弟たちも全員医学部に進む中、私は明治薬科大学の薬学部に進んだんです。薬剤師の国家試験に合格したのですが、卒業後は薬剤師ではなく薬学系の新聞社で記者をやっていました。記事を書いて写真も撮る、そういった仕事をしていて8か月が過ぎたころでしょうか。「やっぱり私の仕事はこれじゃない。医学の道に進もう」と奮い立ち、12月から実家に帰って猛勉強です。寝食を忘れて机に向かいました。その結果、3か月後の2月に東京女子医科大学に合格したんです。医学部を志した原点には、医師として働く両親の姿があります。父は穏やかで優しい人柄。母は4人の子育てをしながら医師の仕事をしており、2人とも患者さんからもとても慕われていました。

長女の出産を契機に、産婦人科へ入局。

佐藤 美枝子 院長

産婦人科を選んだきっかけは、自分自身の出産で感動を味わったことが大きいですね。東京女子医科大学の4年生の時に長女を出産しました。赤ちゃんを目の前にしてしみじみ思いましたね。「赤ちゃんってかわいいなあ」って。姉たちが小児科医でしたので、私は産婦人科医になろうと、産婦人科に入局しました。研修医のころに長男を出産し、当直もあるなか、なんとか2人の子どもを育てました。その後「東峯婦人クリニック」で約10年間勤務しました。
開院にあたってこの場所を選んだのは、不思議なエピソードがあるんですよ。気学で「北がいい」って言われたので、地図を広げて自宅から北のエリアで物件を探していました。実はここの前に、板橋本町にいい物件があったんです。そこにしようかなと思っていた矢先、業者さんが歩いて今の場所を見つけたんです。「駅のそば、市役所、警察署も近い、裏階段もある。どうですか?」って。そこで方角を調べたら、なんと自宅の真北だったんです。「ここだ!」と即決しました。

女性のライフステージに合わせたサポート。に尽力。

佐藤 美枝子 院長

当院は都営三田線板橋区役所前駅から徒歩20秒のところにあります。駅からすぐということで遠くから診察にいらっしゃる患者さんも多いんですよ。開院した時から変わらないのですが、女性にとってのホームドクターになりたいと思っています。女性はライフステージにともなって体が変化しますよね。そのときに「婦人科のかかりつけ医」がいることで穏やかにその変化を受け入れることができます。おかげさまで若い方から100歳近い方まで幅広い年齢層の患者さんに来ていただいていますよ。
診療科目は産科と婦人科、内科です。産科については妊婦健診のみを行っており、分娩は近隣の病院、里帰り出産先の病院への紹介状を書いています。入院施設がないのでお産をすることはできないのですが、何かと不安な妊娠中の期間はしっかりサポートさせていただいています。婦人科、内科では一般診療の他に子宮がん検診や不妊の相談など幅広く対応しています。

患者さんのメンタル面に配慮した診療を心がける。

「自分が患者の身だったらどういうふうに言ってもらいたいかな」ということを考えます。中には「来るのが申し訳ない」と遠慮がちな方もいますからね。そう言った方には特に言い方、接し方をソフトにしなければと思います。
「病は気から」という言葉もあるように、診察のときはメンタルの面からみていく必要があります。更年期などは特にそうですね。患者さんのお話をじっくり聞いて、心の中のものを吐き出してもらうことが最初の一歩です。その後は適切な診察をし、薬などを処方することで経過を見ていきます。

これから受診される患者さんへ。

婦人科のホームドクターに話を聞いてもらおうという気軽な感覚で受診して下さい。「生理が重い」「生理不順」「おりものが多い」など、人によってさまざまなお悩みを抱えていると思いますので、何でも我慢することなく相談に来て下さいね。
また、子宮がん検診は、区の制度で2年に1回は無料で受けられますが、間の1年も自費ですが検査なさることをおすすめします。検査のときに太っていたり、緊張していたりすることで検査結果が違ってくることがあるんです。毎年受けることでその誤差をフォローすることができますからね。

※上記記事は2015年5月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

佐藤 美枝子 院長 MEMO

  • 出身地:群馬県
  • 趣味・特技:テニス、ゴルフ、社交ダンス
  • 好きな本:ゴルフの本
  • 好きな映画:『クリミナル・マインド』など
  • 好きな言葉:スポーツと勉強を両立せよ
  • 好きな音楽:ジャズなど
  • 好きな場所:海がきれいなところ、メキシコ、沖縄

グラフで見る『佐藤 美枝子 院長』のタイプ

穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート