板橋区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 医師(板橋区)―

飯田 孝 院長/耳鼻咽喉科いいだクリニック(中板橋駅・耳鼻咽喉科)の院長紹介ページ

飯田 孝 院長

TAKASHI IIDA

最新鋭の機器を利用し、見えない部分を見える化。患者さんの不安を取り除く。

大学卒業後は医局に残り、専門性の高い耳鼻科診療に従事。その後、小川赤十字病院と一般病院で経験を積み、2008年に中板橋駅すぐそばに開業する。

飯田 孝 院長

飯田 孝 院長

耳鼻咽喉科いいだクリニック

板橋区/中板橋/中板橋駅

  • ●耳鼻咽喉科

高校時代に患った耳の病気を機に耳鼻科医を目指す。

飯田 孝 院長

父は内科医で、今も現役で働いています。地域の患者様のために尽力する父の姿を間近で見て育ったこともあり、私自身も子どもの頃から、医師という仕事に対して憧れにも似た気持ちをずっと抱いていました。当初は「医師になりたい」という漠然とした想いだったのですが、高校生のときに少し特殊な耳の病気を患い、そのときの治療経験がきっかけで耳鼻科医になろうと決意しました。
大学卒業後は医局に残り、大学病院で専門性の高い耳鼻科診療に従事。その後、小川赤十字病院勤務を経て、開業医になるための勉強と準備を兼ねて江戸川区にある一般病院にお世話になり、副院長として経験を積みました。
耳鼻咽喉科いいだクリニックの開院は2008年。東武東上線の中板橋駅から徒歩1分というアクセスの良さと、医療モールの中という環境の良さに惹かれ、この場所に決めました。

幼時から高齢者まで、幅広い症状に対応可能。

飯田 孝 院長

当院は医療モールの2階にありますが、エレベーターを完備し、また院内もバリアフリー設計となっていますので、たとえば足腰の不自由な方でも安心してお越しいただくことができます。実際に、午前中は近隣にお住いのご高齢の患者様などが多く来院されています。一方、午後の時間帯は、幼稚園や学校帰りのお子さんたちの割合が一気に増えます。耳鼻科は小児科と重なる部分もあり、お子さんの多い診療科です。さらに、黄色を基調とした暖かみのある内装・雰囲気なので、病院が苦手な小さなお子さんたちにとって親しみやすいのかもしれません。
当院は地域密着型の個人クリニックですが、私自身は大学病院で十分な経験を積み、また耳鼻咽喉科の専門医の資格も持っていますので、専門性の高い症状にも対応することができます。設備等の関係で治療が難しい患者様には、提携している大学病院・専門病院をご紹介させていただくこともできますので、どのような症状でもまずはお気軽にご相談いただければと思います。

妊婦さんや赤ちゃんのニーズにも、効果の高い診療を提供。

飯田 孝 院長

来院される患者様の症状は多岐にわたり鼻、耳、のどの症状の方の他、めまいの方も多数来院されます。特に多いのは、花粉症を始めとしたアレルギー性鼻炎の類です。アレルギー性鼻炎の治療法は投薬が一般的ですが、当院ではレーザー治療にも力を入れています。たとえば花粉症の場合、多少の個人差はありますが、症状が出始める前の12月か1月くらいに1度治療を受けていただけると、約1年間は効果が持続します。「レーザー治療」と聞くと、何やら大掛かりな治療をイメージされるかもしれませんが、施術にかかる時間はおよそ30分。薬を服用する必要がないので、妊婦さんや授乳中の方など、花粉症の薬が飲めない方の治療法としてもおすすめです。
また、赤ちゃんの鼻水の吸い出しにも力を入れています。特殊な器具を使い、詰まっていた鼻水を吸い出してあげることで鼻づまりが解消され、しっかりとミルクが飲めるようになったり、ぐっすり眠れるようになったりします。そのため、1日に2回、鼻水を吸い出すためだけに来院される方もいらっしゃるんですよ(笑)。慢性化による蓄膿症を予防する効果もありますので、ご興味のある方は遠慮なくお申し付けください。

患者さんに見えない部分を見える化するファイバースコープ。

耳、鼻、喉の中は、ご自身ではなかなか確認することができません。そこで、当院ではファイバースコープ(内視鏡)で撮影した患部の画像をモニターに映し出し、それを患者様と一緒に見ながら症状等をご説明させていただくようにしています。実際に目で確認できるのと、そうでないのとでは、患者様の理解度・納得度は大きく違ってきますからね。
あとは、こちら側からの説明ももちろん大事なのですが、それと同じくらい、患者様の側からのアプローチ、つまり自発的に発言・質問しやすい雰囲気をつくって差し上げることも大事だと考えています。そのため敷居をできる限り低くして、患者様がリラックスできるようなクリニックでありたいと思っています。とは言え、それでも自分からはなかなか聞けない方もいらっしゃると思いますので、「他に何か聞きたいことはありますか?」といった具合に、積極的にお声掛けすることも心がけています。

これから受診される患者さんへ。

「耳垢などの簡易な症状で、耳鼻科に行ってもいいの?」といった声をよく耳にするのですが、もちろんかまいません。内臓などと違って、耳や鼻の不調はついつい軽視してしまいがちですが、放置すると症状が悪化してしまう危険性もあります。もし何か気になることがありましたら、「何事もなければ、むしろ良かった」といったくらいの気持ちで、お気軽に受診していただければと思います。
また、当院はスタッフ間のチームワークも良く、アットホームな雰囲気のクリニックですので、小さなお子さんや、他院で敷居の高さを感じた患者様などにもぜひお越しいただきたいと思っています。

※上記記事は2015.5に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

飯田 孝 院長 MEMO

耳鼻咽喉科専門医

  • 出身:茨城県
  • 趣味・特技:楽器演奏
  • 好きな本・作家:オールジャンル
  • 好きな音楽:ジャズ、クラシック
  • 好きな場所:カフェ

グラフで見る『飯田 孝 院長』のタイプ

穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート