板橋区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 医師(板橋区)―

大瀬 陽一 院長/徳丸整形外科(東武練馬駅・整形外科)の院長紹介ページ

大瀬 陽一 院長

YOICHI OSE

正確な診断から早期治療へ
1人1人に「安心の医療」を提供する

山梨医科大学医学部を卒業後、東京医科大学の整形外科学教室に入局。整形外科の専門医として幅広い症例に携わり、板橋区徳丸にて開業。

大瀬 陽一 院長

大瀬 陽一 院長

徳丸整形外科

板橋区/徳丸/東武練馬駅

  • ●整形外科
  • ●リハビリテーション科
  • ●リウマチ科

整形外科を専門に、大学病院を中心に経験を重ねる

大瀬 陽一 院長

私の実家はサラリーマン家庭でしたが、父方の親族にはお医者さんが2人いました。子供心に「カッコいいな」と憧れる気持ちがありましたし、もしかしたら「自分もなれるかな」と。最初はそんなことをきっかけにして、医師を志すようになりました。
高校を卒業すると山梨医科大学に進み、さまざまな授業を受ける中でとくに興味をもって、整形外科を専門にするようになりました。東京医科大学や都立豊島病院に在籍していた頃は、外来診療のほか手術も担当するなど幅広い症例を経験してきました。そして医師になってから25年あまりが経ち、これまで培ってきた知識やスキルを地域医療に役立てていきたいという想いから、『徳丸整形外科』を開設しました。

外来診療とリハビリテーション、1人1人に安心の医療を提供

大瀬 陽一 院長

来院されるのは地域にお住いの方が中心で、2015年の開業以来、たくさんの患者さんが足を運んでくださっています。朝晩の時間帯は働き世代や子供たち、昼間は慢性疾患を抱えたご高齢の方など。こうして幅広い年齢層の患者さんがお越しになることは、整形外科ならではのことかもしれません。
木のぬくもりが感じられるバリアフリーの院内には、診察室や検査室のほかに、広々としたリハビリ室を備えています。リハビリ室には牽引装置や各種治療器、ウォーターベッドなどがあり、お1人お1人のペースに合わせてリハビリを進めていきます。当院に信頼を寄せてくださる患者さんのご期待に応えていくため、これからも安心の医療をご提供したいと思います。

最新の医療機器を備えて、目で見て分かりやすい説明を心がける

大瀬 陽一 院長

『徳丸整形外科』では、整形外科、リハビリテーション科、リウマチ科を標榜し、骨折やねんざなどの急性疾患から腰痛や膝痛といった慢性疾患まで、幅広い症状に対応しています。私は整形外科専門医であり、とくに関節の疾患については豊富な診療経験がありますので、辛い痛みは我慢することなく、お気軽にご相談いただきたいと思います。
当院では、患者さんをなるべくお待たせしないように電子カルテを導入しているほか、撮影したレントゲン画像をすぐにモニターに映し出せるシステムになっています。また、筋肉や関節の内部の状態を確認できるエコー(超音波)なども活用して、患者さんとご一緒に画像を確認しながら、目で見て分かりやすい説明を心がけています。一方で、開業医レベルとしては珍しい「骨密度測定器(DEXA)」も備えており、地域の皆様の健康維持・増進についてもしっかりサポートしていきたいと思います。

早期発見から治療へ、大切になるのは「正確な診断」

私が学生の頃、リウマチはまだ「不治の病」と言われるような病気でした。それがここ10数年で新たな治療法が確立されて、早期に治療をすることで完治が望める病気になりました。初期の段階で正しい診断をし、適切な治療につなげることができれば、関節の症状は劇的に良くなっていくのです。
これはリウマチに限らず、どのような疾患についても同じことで、何より大切になるのは医師による「正確な診断」です。今は市販薬が手軽に買える時代ですし、テレビや雑誌などにもさまざまな情報が氾濫しています。ですが、ご自分の体にあらわれている症状が、どんな病気なのか。それを診断できるのは、私たち医師だけです。安易に自己判断をしてお薬を飲んだり、メディアの情報に惑わされることなく、何らかの不調を感じたときは積極的に専門医を受診していただきたいと思います。

これから受診される患者さんへ

『徳丸整形外科』は、東武東上線「東武練馬駅」から歩いて10分ほどの場所にあります。かつては不治の病だったリウマチが治せる病気になったように、医療は今も日々進化を続けています。そのため私は地域の皆様の「かかりつけ医」として、今も日々自己研鑽を怠ることはありません。勉強会などに積極的に参加することでスキルアップを図り、皆様によりよい医療をご提供していきたいと思いますので、何かお困りのことがありましたら、お気軽にご相談ください。

※上記記事は2017年7月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

大瀬 陽一 院長 MEMO

整形外科専門医

  • 出身地:東京都
  • 趣味:スキー、ダイビング
  • 好きな映画:ゼロ・グラビティ
  • 好きなアーティスト:カシオペア
  • 好きな場所:パラオ

グラフで見る『大瀬 陽一 院長』のタイプ

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすいタイプ

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすいタイプ
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート