板橋区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 医師(板橋区)―

白山 真理子 院長/しらやま眼科クリニック(小竹向原駅・眼科)の院長紹介ページ

白山 真理子 院長

MARIKO SHIRAYAMA

患者さまの傍に寄り添い、ていねいで心のこもった診療と最善の医療を

国立香川大学医学部卒業後、東京大学医学部附属病院眼科に入局。
大学病院で4年間臨床経験を積んだのち、米国ベイラー医科大学への留学を経て、
東大関連病院である東京都健康長寿医療センター、井上眼科病院で経験を重ね、2017
年4月「小竹向原駅」徒歩2分の場所に開業。

白山 真理子 院長

白山 真理子 院長

しらやま眼科クリニック

板橋区/向原/小竹向原駅

  • ●眼科

幼少期の憧れ

白山 真理子 院長

岡山の田舎で生まれ育った私は、小学5年生の時に、テレビで日本初の生体肝移植のニュースを見ました。それは岡山からそう遠くない島根医大で行われた手術で、大々的に放送されており、祐弥ちゃんという赤ちゃんの命を救うために医師たちが病気の赤ちゃんと家族と一緒に闘っている姿に衝撃を受けました。その頃から医師になって病気で困っている人たちを助けたいと思うようになりました。
大学時代によく図書館で勉強していたのですが、勉強の合間に『あたらしい眼科』という眼科専門雑誌に出会い、学生実習を通してみるみるうちに眼科の世界に引き込まれていきました。
大学を卒業後上京し、東大病院の眼科医局に入局しました。大学病院や関連病院、留学先で、素晴らしい先生方にご指導頂き、様々な難症例や手術の経験を積ませて頂きました。15年間で培ってきた経験を地域の皆さまに提供し、医療貢献できたらと思い、開業を決意しました。

愛着のある板橋区に開業

白山 真理子 院長

『しらやま眼科クリニック』を開業する前に、いちばん長く在籍していたのが、同じ板橋区内にある東京都健康長寿医療センターでした。ハッピーロード大山商店街には大変お世話になりました(笑)。
ですからクリニックを開設するにあたっては、「愛着のある板橋区で」と考えていました。板橋区内を自分の足で探し歩いて、4ヵ月かけてようやく巡り合えたのがこの場所だったんです。それまでこの地域には眼科のクリニックがなかったそうで、当院ができたことを喜んでくださる方がたくさんいらっしゃいました。
地域にお住いの皆さまのために、大学病院や総合病院で培ってきた知識や経験を活かして、良質で安全な医療を提供していきたいと思っています。小さなお子さんからご高齢の患者さんまで、地域の方々に気軽に足を運んでいただき、当院にかかって本当によかった、安心したと笑顔でお帰りいただけるような、そんなクリニックにしていきたいです。

それぞれの患者さんにベストな医療を

白山 真理子 院長

開業直前まで勤務させて頂いた御茶ノ水にあります井上眼科病院では、全国から様々な眼の病気を抱えた患者さんが来院されました。こちらでは角膜・ドライアイ専門外来を担当させて頂くと同時に、一般外来も担当しておりましたので、重症から軽症まで様々な眼の病気を診療しておりました。これまで多くの手術も経験しておりますので、手術が必要な時期を的確に判断し、その状態を細やかに説明することもできます。
当クリニックでは、OCT(光干渉断層計)、眼底カメラ、視野検査計、レーザー器機など、大学病院に配置している医療機器を備え、正確な診断・治療も可能であります。全ての検査データを電子カルテにて管理をしており、モニターを使用して結果をお見せしながら、わかりやすい説明を心がけています。また、硝子体注射、ドライアイに対する涙点プラグ、ものもらいなどの小手術にも対応しておりますので気になることはお気軽にご相談ください。より高度な治療が必要なときには、その症状や病気に合わせて専門性の高い先生をご紹介させて頂きます。地域の病院と医療連携をはかりながら、それぞれの患者さんの生活環境や健康状態にも配慮し、1人1人の患者さんをしっかりサポートさせていただきます。

Are you happy?

アメリカ留学時代の恩師であるDouglas Koch先生は、白内障研究をしている眼科医なら一度は名前を聞いたことがある世界的権医でした。そんなご高名な眼科医にも関わらず、本当に天使のような人柄のドクターでした。真心をもって患者さんに接し、スタッフやレジデントたちにもいつも笑顔で「Are you happy?」と聞いてくださるような先生でした。常に患者さんに目配り、心配りをして、患者さんが本当に満足しているかを確認していました。私が患者さんに寄り添いながら診療していこうと決意できたのは、先生の存在があったからこそ。私自身いつも笑顔で、ご指導頂いた先生方に感謝の気持ちを忘れずに、患者さんへの丁寧な説明を心がけていきたいと思っています。
実際に、診察の最後に必ず「何か聞いておきたいことはないですか?」とお聞きするようにしています。ご自宅に戻ったあとに疑問が出てきたら「遠慮なくお電話ください」とお伝えしています。もしも緊急の用事でなければ紙にメモしておいて、次回の診察時に聞いていただいても良いですし、患者さんの心の中に治療に関する疑問や不安が残らないように診療をしています。日常生活の中のちょっと気になること、ご家族のことでも構いませんので、何でもお気軽にご相談いただきたいと思います。

これから受診される患者さんへ

地域密着型の眼科クリニックですので、眼に関することはどんなことでもお気軽にご相談ください。スタッフの間に「謙虚な気持ち」と「感謝の言葉、ありがとう」が行き交い、笑顔あふれるアットホームな雰囲気の中、心のこもった診療をモットーにしております。どうか安心してご来院いただきたいと思います。

※上記記事は2017年5月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

白山 真理子 院長 MEMO

眼科専門医

  • 出身地:岡山県
  • 趣味:ゴルフ
  • 好きな場所・観光地:ヒューストン

グラフで見る『白山 真理子 院長』のタイプ

穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

しらやま眼科クリニック

板橋区/向原/小竹向原駅

  • ●眼科
医院情報 院長紹介 求人 MAP 徒歩
ルート
医師の
街の人の
患者の
PR WEB
予約
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート