板橋区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 歯科医師(板橋区)―

木村 拡司 院長/木村歯科医院(大山駅・歯科)の院長紹介ページ

木村 拡司 院長

KOUZI KIMURA

地域に根差して半世紀
安心の歯科医療であらゆるニーズに対応

大学卒業後、大学院に進んで博士号を取得。入れ歯などを扱う補綴学を専門に研鑽を積み、「大山駅」近くにある『木村歯科医院』へ。現在は2代目院長として日々の診療にあたる。

木村 拡司 院長

木村 拡司 院長

木村歯科医院

板橋区/大山金井町/大山駅

  • ●歯科
  • ●小児歯科
  • ●歯科口腔外科
  • ●訪問歯科診療

父への憧れから歯科医師になり、地域住民のお口の健康を見守る

木村 拡司 院長

私の父は歯科医師で、診療所は自宅からすぐ近くの場所にありました。そうした環境のなかで父の仕事ぶりを見ながら育ち、父に対する憧れのような気持ちから歯科医師を志すようになりました。昭和大学では補綴(ほてつ)を専門に診療をしていましたが、それは高齢化社会を見据えて「入れ歯を勉強しておくといい」という父からのアドバイスでもありました。はじめは父との2診体制で当院での診療をスタートし、現在は私が院長になって、地域の皆様のお口の健康を見守っています。

すべての患者さんにとって安心の歯科医療を

木村 拡司 院長

『木村歯科医院』の開設は1968年ですので、約半世紀にわたって地域に根差した診療を行ってきました。来院されるのは近隣にお住いの方が中心で、歯が生えはじめたばかりのお子さんから80代のご高齢の方まで、年齢も性別もさまざまな患者さんがいらっしゃいます。地域の皆様に安心して受診していただけるようにと考え、2015年に施設全体をリニューアルしました。院内は段差のないバリアフリー仕様にしたほか、治療に使う機器類も一新。被ばく量の少ないデジタルレントゲンを導入し、各診察ユニットにはそれぞれモニターを設置しました。歯科衛生士である妻をはじめスタッフが1つのチームとなって、患者さん一人ひとりにていねいな診療を心がけています。

日々スキルを磨いて、あらゆるニーズに応える

木村 拡司 院長

当院では、虫歯や歯周病の治療をはじめ、自然な美しさを叶える審美歯科や入れ歯など、幅広い診療を行っています。とくに、補綴学を専門に学んできたことから、入れ歯治療は得意とするところ。入れ歯の治療を終えられた患者さんに、「ぴったり」と喜んでいただくことも多いんですよ(笑)。人と接することの多いビジネスパーソンには、ホワイトニングをはじめとした審美歯科を。小さなお子さんには虫歯予防のためのフッ素塗布などを積極的に行いながら、大人の歯がキレイに並ぶようにサポートしていきたいと思います。そして、いずれは当院でも矯正治療をとり入れていこうと考えています。それぞれに異なる患者さんのニーズに合わせて、クオリティの高い歯科医療を行っていきたいですね。

分かりやすい説明と誠心誠意の治療で、末永いお付き合いを

たとえば相手がお子さんなら、成長して30代、40代になるまでずっと診ていきたい。子供たちの健やかな成長を見守りながら、末永くお付き合いをしていきたいと思っています。ですから、歯医者嫌いの子をつくらないためにも、子供たちの前ではマスクを取って、笑顔で話しかけるようにしています(笑)。そしてもちろん、子供に限らず大人の患者さんに対しても、誠心誠意の治療を行っていきたいと考えています。各ユニットに備え付けたモニターにレントゲン画像などを映し出して、患者さんのお口の中の状態をご一緒に確認したり。アニメーションなどを使用した分かりやすい説明を心がけることで、歯科治療に対する意識を高めていただきたいと思っています。

これから受診される患者さんへ

『木村歯科医院』は、東武東上線「大山駅」から歩いて3分ほどの場所にあります。歯科医院を「怖い所」だと思っている方は、まだまだ沢山いらっしゃるのではないでしょうか。でも、治療ではなく予防のためにお越しいただければ、本当は「気持ちのいい所」なんです。いつもお口の中をキレイにしておく「予防」は、「治療」にかかる費用よりもはるかにリーズナブルです。ぜひ、かかりつけの歯科医院をつくって、上手に活用していただきたいと思います。

※上記記事は2016年12月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

木村 拡司 院長 MEMO

  • 出身地:東京都板橋区
  • 趣味・特技:ゴルフ
  • 好きな本・愛読書:百田尚樹さんの著作
  • 好きな映画:チャップリンの作品
  • 好きな言葉・座右の銘:「至誠一貫」
  • 好きな音楽・アーティスト:S.E.N.S.さんの楽曲
  • 好きな場所・観光地:家族と行く場所

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート