板橋区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 歯科医師(板橋区)―

髙野 大 院長/タカノ歯科医院(ときわ台駅・歯科)の院長紹介ページ

髙野 大 院長

DAI TAKANO

見てわかる治療と、予防メンテナンスに重点を入れた歯科医療を提供

昭和大学卒業後、都内の歯科クリニックに勤務。2013年に『タカノ歯科医院』を開業(東武東上線「ときわ台駅」から徒歩10分)。

髙野 大 院長

髙野 大 院長

タカノ歯科医院

板橋区/南常盤台/ときわ台駅

  • ●歯科
  • ●矯正歯科
  • ●小児歯科

あらゆる世代の方が気軽に利用できる歯医者さんに

髙野 大 院長

幼い頃から、じっと座って細かいことをやることが好きでした。また、学校の勉強も文系より理系のほうが好きだったものですから、その帰結として、歯科という仕事を選ぶに至ったのです。当時は医薬分業が始まった頃でしたから、薬学部で研究職にたずさわりたいと思ったこともありましたが、結果としてこの分野を選んで良かったと思いますね。
2013年に『タカノ歯科医院』は開院いたしました。院内のデザインは専門の方にお任せしたのですが、1つだけ、「土足にはしないでください」とお願いしました。というのは、子供って、気付くと床に寝そべったりしてしまうものなんですよね。土足だとそういうわけにはいきませんし、車イスの方であっても、このくらいの段差なら、私たちがお手伝いすれば無理なく上がっていただけると考えたのです。
患者さんのおおよそ半分がお子さんで、次いで成人の方、おじいちゃん、おばあちゃんといった割り合いです。あらゆる方が少しでもリラックスして過ごすことの出来る、安心していらしていただける歯科医院を目指していきます。

予防メンテナンスに力を

髙野 大 院長

当院ではなによりも予防メンテナンスに重点を置いた診療をおこなっていきたいと考えています。歯医者らしくないのかもしれませんが、私は出来ることなら歯を削りたくはないのです。と言いますのも、一度手を加えた歯は、再治療にいたってしまう可能性が高いからなんですね。詰め物であれ被せ物であれ、人口の物はいつかとれるし、壊れてしまうもなのです。成人の方の治療のおよそ8割から7割が以前の治療の“やり直し”と言われています。だからこそ、出来るだけ削らず、歯を残していけるような予防メンテナンスが重要ということになってきます。
治療が一旦終了すればそれで終わりというわけではありません。むしろ、そこからが歯を守っていくスタートであって、皆さんにその重要性をご理解いただけるよう、私に出来ることを精一杯させていただきたいと思っています。

口腔内カメラによる、目で見て納得の診療を提供

髙野 大 院長

当院では口腔内カメラを使い、お口の“今”を皆さんにご覧いただいています。ごく小さい虫歯に関しては、私はすぐに削るということはしておりません。写真から、今と過去とを比較していただき、段階を踏んで現状を詳しくご説明し、普段のケアに力を入れていただくことにより、治療をしないで済むように持っていけたらと考えています。
また、残念ながら歯を削らなければならない場合にも、治療前と治療中、そして治療後の写真をお撮りし、患者さんが納得していただいた上での治療を心掛けています。本当に削らなければならない虫歯だったのかもはっきりとわからないまま治療をされた経験のある方は多いのではないでしょうか。それは本意ではないものだっと思いますし、ここでは段階をしっかり確認していただいた上での治療を心掛けています。

小さな頃からの予防もまた大切なこと

うんと小さい頃からいらしてるお子さんに関しては、どうすれば虫歯にならないかを詳しくご説明させていただいており、ニーズがある場合には、予防のための矯正のご案内もさせていただいています。歯並びが悪いと、当然歯ブラシもしづらくなりますし、虫歯や歯周病にもなりやすくなります。その将来のリスクを考えれば、矯正治療も有効な選択肢になってくるのです。
今のお子さんは虫歯は総じて少ない傾向にありますが、歯並びに関してはあまりよろしくないお子さんが増えているように思われます。これが成人になってしまうと、健康な歯を抜いて矯正をするケースが出てきますが、成長段階であれば、骨の健全な成長を含めたコントロールが可能になるのです。先々のことを考えれば、小さいうちからの矯正は非常に有効なものだと思われますし、お子さんの歯並びが気になっていて、ご要望がある場合にはお気軽にご相談ください。

これから受診される患者さんへ

昨今はメディアでも歯石についてとりあげられることが多くなりました。歯石は放っておくと歯の害になるのは確かなことですので、そのままにせず、クリーニングや定期検診をされることをお薦めいたします。痛みが出たり、何かあってからでは、遅いということもあります。美容院に行って髪の毛を切ってもらうように、何かが起こらないよう、歯医者さんで定期的にお口のメンテナンスを受けていただきたいですね。

※上記記事は2018年1月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

髙野 大 院長 MEMO

  • 出身地:東京都
  • 趣味:ゲーム
  • 好きな本:歴史物
  • 好きな映画:ワイルド・スピード
  • 座右の銘:臨機応変
  • 好きな音楽:ロック、ヒップホップ
  • 好きな観光地:沖縄

グラフで見る『髙野 大 院長』のタイプ

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすいタイプ

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすいタイプ
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート