板橋区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 歯科医師(板橋区)―

五十嵐 秀典 院長/スマイル歯科クリニック(板橋区役所前駅・歯科)の院長紹介ページ

五十嵐 秀典 院長

YOSHINORI IGARASHII

生涯ご自身の歯で食事ができるように、1人1人に合わせた最適な治療プランをご提案。

大学卒業後、複数の歯科医院で経験を積んだのち、1995年、市ヶ谷にクリニックを構える。その後、板橋区役所前駅から徒歩30秒とアクセスのよい当地に移転。

五十嵐 秀典 院長

五十嵐 秀典 院長

スマイル歯科クリニック

板橋区/板橋/板橋区役所前駅

  • ●歯科
  • ●小児歯科
  • ●歯科口腔外科

「将来は社会に貢献したい」。高い志を持ち歯科医に。

五十嵐 秀典 院長

高校時代にさまざまなアルバイトを経験するなかで、将来は社会に貢献できるような仕事に就きたいと考えるようになりました。実は父も歯科医師をしており、心のなかでは「親と同じ仕事に就くのはちょっと……」と躊躇う気持ちもありました。しかし、患者様のために一生懸命働く父の姿を子どもの頃からずっと見てきましたし、父に相談したときに「歯科医師はとてもやりがいのある仕事」というアドバイスをもらいました。最終的には私も歯科医師の道を志すことを決めました。
大学卒業後はまず、神奈川県にある歯科医院に勤務。その後、先輩から「一軒の歯科医院に勤務しているだけでは見えないこともある」と助言いただき、複数の歯科医院で経験を積みました。また、スタディグループなどにも積極的に参加し、開業の準備も兼ねて多くのことを勉強しました。
開業医となったのは1995年のこと。元々は市ヶ谷にクリニックを構え、そこで15年以上診療をおこなっていたのですが、テナントの都合上移転しなければならなくなり、2013年に現在の場所に移りました。

歯周病治療とメンテナンスに注力し、虫歯を未然に防ぐ。

五十嵐 秀典 院長

歯科・小児歯科・歯科口腔外科のスマイル歯科は、都営三田線・板橋区役所前駅から徒歩30秒のところにあります。このあたりは、遊座大山商店街や仲宿商店街といった活気ある商店街を中心に広がる住宅街。近隣にはファミリー世帯も多く、小さなお子様からご高齢の方まで幅広い年齢層の患者様にお越しいただいています。
この地で開業してから2年が経ちました。地域での認知度が高まるにつれて近隣住民の皆様のご来院も日々増えていますが、その一方で、市ヶ谷時代の患者様にも大勢いらしていただいています。市ヶ谷から板橋区役所前までは、決してアクセスが良いとは言えません。それにもかかわらず、私を頼って引き続き来ていただけていることにたいへん感謝しています。
私の専門は補綴ですが、これは言わば最終手段であり、歯を削らず、あるいは抜かずに済むのならそれに越したことはありません。そのため当院では歯周病治療、特にメンテナンスに力を入れています。せっかく治療しても、時間が経つと歯石は再び付着してしまうので、治療終了後の定期的なメンテナンスは非常に大事です。歯科医師と衛生士と受付助手のチームワークでもって、皆様の歯の健康をお守りするお手伝いをさせていただいています。

小児矯正と最先端の歯内療法には特に情熱を傾注。

五十嵐 秀典 院長

患者様には小さなお子様もいらっしゃるので、小児矯正に力を入れています。小児矯正というと、通常は小さい顎を広げる処置をおこないますが、それに加えて悪習・悪癖を正すというアプローチもとっています。たとえば、無意識のうちに舌で歯を押したり、ほおづえをついたりといった行為は、歯並びを悪くしてしまう悪習・悪癖なんです。これらを正すことで、歯並びの問題を原因レベルから解決することができます。
もうひとつは歯内療法、つまり歯の根っこの治療にも力を入れています。なかでも特徴的なのが「イオン導入」という治療法で、これを実践しているのは、歯内療法専門医のなかでもごく限られた勉強熱心な先生たちだけ。都内でイオン導入が受けられる医院はまだまだ少ないのが現状です。イオン導入は、簡単にいうと、歯の根のなかに消毒液を入れて微弱な電流を流すことで、溜まった膿を消毒する治療法のこと。薬を入れるだけの通常の方法と違って、歯への浸透率が高く、かつ薬による副作用のリスクが低いといったメリットもあります。

虫歯状況の可視化で、患者さんの治療への理解度を深める。

「真剣勝負」といったら少し大袈裟に聞こえるかもしれませんが、来ていただいた患者様に対して真摯に向き合い、全力で治療に臨むことを常に心がけています。また、治療では患者様にしっかりとご理解・ご納得いただくことも重視しています。
そのために、何かをご説明させていただく際にはさまざまなツールを活用しています。口腔カメラやレントゲンによる静止画像だけでなく、タブレット端末を使って動画を見ていただくこともあります。また、立体的なご説明が必要な場合には模型も使ったり、ダイアグノデントという虫歯診断器を用いることもあります。ダイアグノデントを使うと、虫歯の状況を数値で可視化することができるので、たとえば「数値が○○くらいになったら治療をしましょう」といった、より客観的なご提案などができるようになります。

これから受診される患者さんへ。

長い間、歯科医師を続けてきて最近あらためて思うのは、子どもの頃から歯を大切にすることの重要性です。きちんと歯磨きをして虫歯にならないようにすることはもちろん大事ですが、それとともに生え始めの頃(乳歯列期)から綺麗な歯並びや適切なかみ合わせをつくることも大事。何気ない習慣によって歯並びが悪くなってしまうケースなどもあるので、そうした悪習・悪癖を正す治療も含めて、小児歯科には今後も力を入れていきたいと思っています。
だからと言って、成人の方はもう手遅れというわけではありませんので、その点はどうかご安心ください(笑)。歯の治療法やメンテナンスの仕方は一通りではなく、それぞれの年代に合った方法があります。患者様の年代を問わず、その方が残りの人生でずっとご自身の歯を使い続けていただける、そのためのお手伝いをさせていただくことが、歯科医師である私の務めだと考えています。

※上記記事は2015.5に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

五十嵐 秀典 院長 MEMO

  • 出身地:神奈川県
  • 趣味・特技:水泳
  • 好きな映画:ラストサムライ
  • 好きな言葉:笑顔(スマイル)
  • 好きな音楽:R&B
  • 好きな場所もしくは観光地:日帰り温泉

グラフで見る『五十嵐 秀典 院長』のタイプ

穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート